• 倉敷民商弾圧事件 不当逮捕から6年―私は無罪―

    2014年、倉敷民商の禰屋町子事務局員が会員の確定申告書を作成し、脱税をほう助したとして逮捕されました。1月19日は相模原で、逮捕からちょうど6年目となる21日には、横浜・川崎・厚木・海老名の4カ所で抗議の宣伝行動が行われました。

    横浜市の伊勢佐木町商店街行動には民商と国民救援会から7人が参加しました。「黙秘を理由に女性を428日拘留」の横断幕を見た何人もの通行人が、「何があったのか?」と声をかけてきます。チラシを示して説明すると、「なんでもない普通の女性事務局員なんだろう?」「明らかに悪いことをしている政治家はそのままのくせして、ひどいな」などと話し、署名してくれました。また、「私たち中小業者は商売や国民の暮らしを守るために、消費税増税に反対しています。8%への増税目前で、その運動の足を止めるための不当逮捕とも考えられます」と説明すると、「税務署はそんなこともするのか」と驚きます。

    差し戻された裁判勝利のために、運動を強める決意につながる行動となりました。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ