• 春の運動スタート外へ向かって大きな一歩を!「業者の悲鳴が聞こえる」相模原民商

    小田急線の小田急相模原駅北口からまっすぐのびるサウザンロード商店街はバラエティに富む店が軒を連ねています。相模原民商は1月19日、商店街で宣伝行動に取り組みました。商店を一軒ごとに訪問し商売の状況を聞きながら、「5%に戻せ」署名を訴え、商工新聞の見本紙を紹介しました。ある和菓子屋では「消費税は本当に大変です。引き下げより廃止すべき」と切実に話していました。

    ラーメン屋では外へ向けて「増税とトランプ政権の影響のため」として値上げの貼り紙が。署名をお願いすると、「本当にその通りです。業者のためにそのような運動をしてくれて本当にありがとうございます」と署名してくれました。後日、貼り紙の撮影をお願いすると、「通りに向けて出しています。多くの人に知らせてください。また、何かあったら声をかけてください」と答えてくれました。

    下地勝巳会長は、「外に出れば商売の大変さが改めてわかる。地域に民商を知らせよう」と話しています。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ