• ビキニデー集会に参加して 県連事務局員 大野 洋平

    私は2月28日から3月1日にかけて静岡で開かれた3・1ビキニデー集会に参加してきました。全国から1500人が参加しました。

    28日の全体会前におこなわれた東富士演習場ウォッチングにも参加しました。当日はあいにくの雨で、バス車内からの見学でしたが、陸上自衛隊駒門駐屯地の戦車などには、ものものしい雰囲気に終始圧倒されていました。東富士演習場で火砲による実弾射撃訓練の音が聞こえてきて、直接、現場は見えなかったですが、初めて聞く音にたいへん驚きました。

    「原発ゼロ、被災地支援、自然エネルギーへの転換めざして」という分科会に参加しました。原発がある地元のリスクと維持のためのコストが大変大きくなってしまい、原発はもはやビジネスとしては成り立たないこと、原発ゼロ法案を国会で審議し、再生可能エネルギーを日本でも普及させていく必要があるということを学びました。また、原発や辺野古新基地建設は地域住民へ過大なリスクと環境破壊を押し付けられており、底辺でつながった問題だと思いました。

    集会では核兵器禁止条約の発効をめざす歴史的なチャンスが訪れていると述べられ、「ヒバクシャ国際署名」を広げようと呼びかけられました。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ