• 仲間を増やして弾圧をはね返そう!

    4月25日に岡山国際交流センターで倉敷民商弾圧事件の勝利をめざす全国連絡会第4回総会が開催され、全国から200人、神奈川から5人が参加しました。

    小原・須増裁判では@小原さん、須増さんが作成した税務書類は適性を欠くものではなかったこと、A私利私欲を図ったものではなく、中小業者の営業と生活の保護を目的に活動していること、B自らの責任でおこなう申告は制限されないと裁判所が認めたことを確信に運動を進めようと報告されました。同時にそれでも有罪を下したのは最高裁の統制が強くなっていると訴えられました。

    禰屋裁判では広島高裁が「原審破棄・差し戻し」の画期的な判決を確信に、脱税の事実を示せない検察に対し、「引き続き、控訴するな」の抗議を届けることが提起されました。

    消費税8%に反対する運動を委縮させる目的でおこなわれた倉敷民商弾圧事件のたたかいの輪を広げることは10%ストップのとりくみと結びついています。仲間を増やして弾圧をはね返し、展望を切り開こうと意思統一しました。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ