• 3・1ビキニデー核廃絶をねがう

    2月28日・3月1日と静岡県で行われた、3・1ビキニデーに横浜南部民商の佐藤さんと参加してきました。初日は午後から全体集会、その後分科会で学び意見交換を行いました。

    原水爆禁止世界大会へとつながっていく原水爆禁止の3000万署名とその契機となった第5福竜丸事件が核実験禁止及び核廃絶の運動を世界に大きく広げた原水協代表理事の歴史の話を聴き、民商活動も大事にしている署名活動の意義を改めて痛感しました。

    2日目は焼津駅を出発し穏やかな海の焼津港を通り、第5福竜丸事件の被害者久保山愛吉さんの眠る弘徳院へと向うデモに参加しました。弘徳院では久保山さんが生前好きだった薔薇の花を献花し、建立された碑の脇にある平和の鐘を静かに鳴らし、多数の参加者の方々とともに久保山さんを慰霊しました。

    最後に焼津市文化センターでビキニデー閉会集会が行われました。主催者報告と広島・長崎市長のメッセージなどが読まれるのを聞いて思いました。「原水爆の犠牲者は、わたしを最後にしてほしい」この言葉を残し亡くなった久保山さんの思いに、1日も早く核兵器保有国(支持国)は向かい合っていくべきです。

    世界の非核化を実現するべきだと強く思うし、そのためにも自分たちが運動を前進させて、先駆者の行動を見習い、世の中を動かしていかなければならないと運動に対するする思いを考える良い機会となりました。

    (厚木民商  堀池 直樹)

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ