• 弾圧をはね返すのは「団結」 倉敷民商弾圧事件に不当判決

    禰屋町子さんの判決公判が3月3日に岡山地裁でおこなわれ、懲役2年、未決勾留200日算入、執行猶予4年の不当判決が言い渡されました。この事件は法人税法と税理士法違反に問われた裁判です。

    裁判は最初から結論ありきの異常な裁判と言えます。

    T建設の経理担当者の二転三転する証言を、検察自身も「極めて高い信用性を有するとは言えない」と認め、それだけ報告書の信憑性が問題になっているにもかかわらず、禰屋さんの弁護側の証拠は一切採用されない、裁判の体をなしていない裁判でした。

    二つ目の異常は、「申告納税権が憲法上認められないのは明らかである」と断定したことです。そして「税理士法違反の組織性は顕著」として民商敵視の姿勢をあらわにしました。また、裁判長が閉廷を宣言した直後、40人の岡山県警の警察官を入廷させたことです。

    弁護団が抗議すると「それが私のやり方です」と傍聴支援者を敵視・暴徒視していることです。

    今、国会では脱税を取り締まる国税犯則取締法を、自主申告権を認めた国税通則法に編入する通則法の改悪が狙われています。この改悪は強制調査を常態化させてしまう危険があります。申告納税制度を守り、民主的な税制をめざす運動への弾圧を全国に広げる法整備とも言えます。強権で押さえつけなければならないほど、国民の怒りを恐れているあらわれが通則法の改悪であり、共謀罪の導入です。

    納税者の権利を守る運動を広げ、仲間を増やし、弾圧を団結してはね返す時です。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ