• 不当な税務行政ただせ! 県内で3・13重税反対全国統一行動

    市民連合に団結して政治を変えよう 横須賀・三浦集会

    重税反対全国統一行動横須賀集会では、集会の実行委員長である富塚昇横須賀民商会長が、「倉敷民商弾圧時事件で、有税判決が出され、そしていま国会では国税通則法を改悪し、税務調査と強制捜査の境目をなくそうとしようとしています。納税者の権利を守るたたかいに全力を尽くしましょう」と開会あいさつ。
    横須賀市民法律事務所の呉東弁護士は、「市民連合によって横須賀から政治を変える大きな流れをつくろう」と訴え、市民連合の土屋京子さんは「安倍暴走政治をただす新しい政治をつくろう。そのために賛同者を増やそう」と呼びかけました。日本共産党の瀬戸和弘衆議院11区候補は「税金の使い方、集め方をただす」と決意表明しました。
    神奈川土建のHさんは「土建も民商もあきらめることなく、闘い続けてきた。その力を今後も発揮しよう」と呼びかけました。民商の武井副会長は「倉敷民商弾圧事件は民商つぶし。それにぜったい負けず、全力を尽くす」と訴えました。
    集会決議を採択、税務署までパレードを行い、重税反対、納税者の権利を守れと声をあげました。税務署では、請願書を総務課長に手渡し、申告書を各々提出しました。

     

    学びあいみんなで(参加者の感想)

    今まで法人で営業でしたが去年から個人事業になり、初めて確定申告と集団申告を経験。法人の時は決算が終わると同じ決算月の数名で税務署に提出していましたが、集会に参加し大勢で税務署までデモ行進するのは驚きました。
    集会のスローガンだった「共謀罪」を凶暴な罪(凶暴罪)だと思っていたほど無知だったのでとても勉強になりました。共謀罪の話は難しくよく理解できない部分もありましたが、大工の私が考えてもチョットおかしい。狙われてこいつを逮捕するんだとでっち上げられたらみんな罪になってしまう。こんな無理やりな感じの法律をこの日本がやってしまうのか?正しい知識を得ておかしいものはおかしいと言うことが大切なことを学びました。来年もぜひ参加したいと思います
    (大和民商の参加者)

     

    初参加で気づいたこと

    真横・東支部の青木さんの娘さんである山野さんは、3・13重税反対統一行動への参加は今回が初めてでした。
    これまでの申告の計算などを手掛けていたお母さんが昨年の11月に亡くなりました。年末調整や確定申告のことなど、やったことのない作業を、2人の娘さんが何度も計算会などに足を運び、申告書を作成しました。
    無事に申告を終え、「参加して初めて気づいたことだけれども、重税反対などいろんな問題を言葉にして発していかないと伝わらないし、改めて大切な取り組みだと思いました」との感想を寄せていただきました。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ